特注品

オーダーで作った看板や門扉、ポストなど。
元々鉄工職人ですので、実用品の制作はお手の物です。
それに屑鉄工房の造型感覚とアイデアを盛り込んで、完全オリジナルの一品に仕上げます。
大型作品も大丈夫、設計・制作から据付までトータルでお引き受けします。
制作依頼をいただいてから、お客様のご意見を伺い、見積もりを出してからの制作になります。
もちろん、大型構造物の場合は屑鉄を使用しているわけではありません。
本業と屑鉄工房の中間的な仕事としてここに載せさせていただきます。

美容院フタバの看板と軒

他にはない独創的な看板が欲しいとのことで制作依頼を受けました。
レーザーカットしたお店のロゴをクレマチスと言う花をベースにしたリースにあしらいました。
ここ看板を含め店前の雨よけの軒も合わせて制作。
設計・施工も含めてお店前の改装を一連で引き受けました。


雑貨店JamJamの門扉と看板

リニューアルするお店の外装をデザイン・設計・制作・施工まで担当しました。
お店のイメージに合うような頑丈な黒塗りの門扉。
ワンポイントにドラゴンのオブジェと流木装飾。
看板はプラズマで抜いた文字を木の板に取り付け装飾は流木をあしらいました。
(木工担当はSeagrass)
お店の窓はサンドブラストで装飾。
(ブラスト担当は山口浩)

セメントワークス椛蜊繝Vョールームの大型オブジェ

装飾セメントの会社のサンプルショールーム用に作った大型ドラゴン。
3m×2mのドラゴン骨格をセメントに埋めました。
2階展示室には屑鉄作品の展示も行っております。


螺旋階段の手摺ドラゴン

ある邸宅の螺旋階段の手摺。
階段室の壁から出ているステップに独創的な手摺をつけて欲しいとのことでした。
大きくドラゴンを配置して広げた羽根でステップと手摺の剛性を保つ構造。
工場である程度作って、最終的には構造に合わせながら現場で熔接して仕上げ。

七夕祭りのオブジェ 「白龍」 2008

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼を受けて製作。
七夕祭りの看板になりました。
地上4mの高さに取り付けた、全長4mのドラゴン。
コンテストで1位をいただきました。

七夕祭りのオブジェ 「朱雀」 2009

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼を受けて製作。
七夕祭りの看板になりました。
両翼3.5mの朱雀。
この年は2位でした。

七夕祭りのオブジェ 「Devil fish」 2010

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼。
この年は「深海」イベントで使った大型オブジェをレンタル。
七夕飾り用にアレンジ。
ガラス部分制作はゆき。

七夕祭りのオブジェ 「Spider Web」 2011

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼。
屑鉄工房が作ったクモとインスタレーション作家平野あかね氏のクモの巣とのコラボ作品。
アレンジを変えて覚王山参道ミュージアムにも出展。

七夕祭りのオブジェ 「ドラゴンウォール」 2012

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼。
ドラゴンをあしらったキャンバスは、わざと錆を出して赤茶けた鉄板。
クリエーターズマーケットでプロイラストレーターjbstyleがライブペイント。
円頓寺の七夕祭りに出品後は覚王山参道ミュージアムで楊輝荘の庭園を彩りました。

七夕祭りのオブジェ 「薔薇の屏風」 2013

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼。
書道家山本翠玲氏とのコラボ作品。
クリエーターズマーケットvol.28、円頓寺七夕祭り2013、覚王山秋祭2013に加え、
浜名湖花博2014でも展示。

七夕祭りのオブジェ 「骨ドラゴン」 2014

名古屋市西区、円頓寺商店街から依頼。
服飾作家アマノとのコラボ作品。
名港アートフェス2013、クリエーターズマーケットvol.30、円頓寺七夕祭り2014で展示。
各展示ごとに表面を飾る布をアマノが取り換え、それぞれに違った展開を見せた。

「骨ドラゴン」骨だけバージョン

屑鉄工房単体表現での「骨ドラゴン」。
より骨っぽく見せるために白で塗装。
覚王山参道ミュージアム2014で日本庭園楊輝荘で展示されたほか、
千種文化小劇場で開催された音楽と演劇の祭典「果てのファンタジア」では舞台セットして使用。

雑貨店外装のオブジェ クモ

七夕飾り用に作ったクモを引き取りたいと言うお店がありました。
外壁に付けられるようにアレンジして、店の外観のプロデュースと合わせて取り付け。
店に商品を置く作家さんに看板を持ち寄っていただいてクモと一緒にたくさん取り付けました。
店内同様、混沌としたイメージを演出。

美容院「Five Point」の内装

アルミの縞板やパンチングをふんだんに取り入れた美容院の内装。
工務店さんの依頼で部分的にお手伝いさせていただきました。
店内には屑鉄工房のアイテムもいくつか配置してあります。
(プロデュース:岩本建装)


NHK番組看板「金鯱の髭

2005.9月〜2006.3月までNHKの金曜夕方の番組のために作った看板。
(NHK総合、愛知・岐阜・三重 毎週金曜17:00〜)
ボルトマンを使って工事現場のような雰囲気を出しました。
この番組ではレギュラーで屑鉄工房の作品を番組セットとして使っていただきました。


NHK番組看板「金とく」

2006.4月〜のNHKの金曜夜の情報番組のために作った看板。
セットにあわせた看板作りを依頼されました。
(NHK総合、愛知・岐阜・三重・静岡・福井・長野・石川 毎週金曜20:00〜)


企業グッズの開発・試作

某企業さんのグッズ開発の依頼を請け、デザインと試作をしたサンプル各種。
アゲハ蝶の翅をモチーフに統一し、時計、ステーショナリーグッズ、表札、壁掛けフック、ランプ、アクセサリーを作って提案しました。
アクセサリーは商品化されました。


砂時計専門店サブリエ・ド・ヴェリエの郵便受け

砂時計の専門店さんからオリジナルの郵便受けの製作依頼。
砂時計の形の郵便受けを提案しました。
上から手紙を入れてくるりと回すと、下に手紙が落ちる仕組みになっています。


カエルの郵便受け
(壁抜け型)

普通と違う郵便受けが欲しいとの御相談を受けて製作。
カエルの口を開いて郵便物を入れると建屋の中に落ちる仕組みになってます。


カエルの郵便受け
(置き型)

上の郵便受けを見た方から、同じ感じで置き型の物作ってほしいとの依頼。
カエルの口を開いて郵便物を入れる仕組みは同じですが、これはお尻を開けて取り出すシステム。
柳の葉を手に持ってるのは、手すりに引っ掛けるためです。


ギャラリー龍屋の看板

「龍屋」という名前のギャラリー。
ならばモチーフはもちろん昇り龍でしょう。
レーザーカットの予算が出なかったので、龍屋のロゴはプラズマのフリーハンド一発抜き。
OPENの札は取り外して裏返すとCLOSEになります。

美容院Mooi dracoの看板

「美しい龍」と言う意味らしいです。
プラズマフリーハンドの一発抜きのロゴです。
オーナーさんのご希望で塗装はクリアのみ。
ウレタン塗装を施しましたが、野外に置く場合には時間が経てば錆が出ます。
錆びていく過程を楽しみたい方も居ます。

ギャラリーAin Soph Dispatchの看板

現代美術を主に扱うギャラリーさんの看板です。
「シンプルだけど、面白いものを。パンチング材が好き。」
とのご希望でこんな形になりました。
パンチングの板をジグゾー模様にガスカット。
ロゴは縞板。プラズマフリーハンド。


ヒーリングサロン 天紫の羽根の看板

お店のロゴに合わせて制作。
ロゴは丸棒の手曲げ。
両サイドのペガサスはレーザーカットですが、羽根だけ立体的に作りました。
塗料の選別と配色に苦労した看板。

工務店 岩本建装の看板

看板の縁をギザギザの破れた感じにして欲しいとの要望。
薄い鉄板を使い、縁になる部分にランダムに穴を開け、
最後は手で引きちぎって成形しました。
ロゴは丸棒をバーナーで炙って手曲げ。


喫茶店 佳代の看板

書道家の方に文字を書いてもらってデータ化し、レーザーカット(外注)。
周りは異形鋼棒(鉄筋)をバーナーで炙って、叩いて成形。

工房 T's garage の看板
チェーンソーアーティストさんの工房の看板。
使い古したチェーンソーの刃を文字に使いました。
チェーンソーを持ったボルトマン付き。
台座とボルトマンは錆止め後塗装。
文字はチェーンそのままの雰囲気を残すためクリア塗装のみ。
錆びがついたらオーナーが自ら磨くそうです。


装飾看板

とあるギャラリーさんの依頼で制作。
塗装、文字入れはお客様が自ら行うとのことで、ベースだけ作りました。
こういうありがちな仕事も頼まれればやります。

クラブの看板

恐竜が2匹付いてとても厳ついですが、こんな看板をつけるハードなクラブもあります。
文字はお店オリジナルのデザインがあるため、カッティングシートで制作。
台座のみの制作となりました。

車のエンブレム
チェーンソーで丸太を削り作品を制作する、チェーンソーカーヴァーさんからの依頼。
軽トラにチェーンソーを持ったドラゴンのエンブレムを取り付けました。
錆びないように焼付塗装。
道交法上、問題のない大きさに納めてあります。

テレビ塔のオブジェ

名古屋のシンボル、テレビ塔。
その4Fにあるギャラリーさんからの依頼。
高さ1m20cm、かなり構造にこだわって凝った作りになってます。

2012年1月までテレビ塔4F、パークギャラリーで展示。

テレビ塔のお土産

ボルトで作ったボルトテレビ塔。
高さ30cmぐらいのテレビ塔オブジェ。
名古屋テレビ塔4F、パークギャラリーから受注生産。

2012年1月をもってパークギャラリーは閉店しました。

名古屋城のオブジェ

これも名古屋のシンボル、名古屋城。
注文主は岡崎の鉄工所の社長さん。
高さ約60cm、名古屋城の資料を見ながら比率を計算して作りました。
それでも「本物」の写真と見比べると若干違って見えるのは、好きな部分を強調して作ってるからです。


流木と鉄のブランコ

2007年の覚王山参道ミュージアム用に流木作家Seagrassさんと共同で作ったブランコ式のベンチ。
座って揺らして、心地よい角度にするのに何度も調整を繰り返した一品です。
展示期間1週間でしたが、御好評を戴きました。

木と鉄は相性もよく、ともに仕事をすることが多いので、Seagrassさんとのコンビは「山友工事」として活動していくことになりました。


キリンの子供用ブランコ

子供用のかわいいブランコが欲しいとの御相談でした。
鉄の丸棒を曲げてキリンの背もたれを製作。
デザインもなるべく角がないように丸いイメージで仕上げました。
お子様には大変喜んでいただいたようでなによりです。

クラブの内装照明

とあるクラブの内装用に受注したランプ。
「屑鉄ランプをそのまま大きくしたようなモノ作れないか?」という御相談をいただき、制作しました。
高さが750mm〜900mmあります。


龍の手の玄関ランプ

玄関先のランプ。
龍の手が光を掴んでいるイメージで作りました。
ガラス玉の部分はグラススタジオ・スピカさんの御協力。

雑誌「PaKoMa」の表紙作品1

全国のホームセンターに置いてあるフリーペーパー「PaKoMa」の表紙作品を担当しました。
2008年10月号。
この号のテーマはペット用品でしたので、楽器を演奏するボルトペットを製作しました。

雑誌「PaKoMa」の表紙作品2
こちらは2010年2月号。
屑鉄工房のドラゴンに編集者の方が流木を合わせて一輪刺しに。

雑誌「PaKoMa」の表紙作品3
2011年2月号。
節分に合わせて鬼をテーマに作りました。
ボルトマンが鬼を作っているところ。

甲冑のような衣装

服飾大学の方からのご注文。
ステージ用に鉄の肩に乗せる衣装が出来ないかという御相談でした。
型紙と出来上がり図を参考に鉄板を切り出し、何度も仮溶接しながら調整。
試行錯誤の上、出来上がりました。




ネコが部屋から逃げ出さないようにする扉

文字通りそのままですが、建物にあわせた鉄の扉を特注で作れるところは他にありません。
風通しをよくすること、、中のネコが良く見えるようにすること、カッコいいこと、
と言う条件で下ので、大き目の丸パンチング板を使用。
取っ手は長ボルト、ワンポイントにボルトマンつき。


ハンガーとハンガー掛け1

個性的なカフェの雰囲気に合った、なおかつ他にはないハンガーを考案。
直線的なイメージと丸いイメージで2種類作りました。
これに合う独立型と壁つけ型のハンガー掛けも考案。
主張しすぎると良くないけど、個性的でないといけない。
ぎりぎりのラインです。

ハンガーとハンガー掛け2

モデルハウスでの展示用に作ったコートハンガーセット。
鉄筋を使い、てっぺんにはボルトマン。
こちらは屑鉄らしさを主張したデザインです。

ハンガーとハンガー掛け3

服飾展示用に制作。
段違いに服がぶら下げられることによって、
色やサイズの違いを省スペースで見せることができます。

アクセサリー展示台

シルバーアクセサリーが映えるように考えた展示台。
小さな浮きステージにリングを置いたり、
パンチングの板にネックレスを吊り下げたりできます。
制作後野外に放置して、錆を浮かせてからクリア塗装。

テーブルの脚

カリンと言う銘木の一枚板を背の高いテーブルに使用したいとのご相談。
頑丈な鉄パイプを取材に使用。
脚の途中に絞りを入れ表情を持たせました。
テーブルの下に間接照明が入っています。

テーブルの脚と書棚のフレーム

新築の書斎。
テーブルの脚と書棚のフレーム、ぶら下がり棒。
全て黒のパイプを使用することによって部屋全体の統一感が生まれます。
工務店さんからの依頼。

フラワーアレンジメントフレーム

生け花をアレンジメントしてその出来を競う競技があります。
こだわりの造形を実現させるために競技者さんから依頼されたフレーム。
これにオアシスと言う水を含ませた土台を取り付け、花を活けて行きます。
ちゃんとした制作図面が無くても、イメージを伝えていただければ御希望の形に適うよう努力します。


蛇口を支えるボルトマン

お店の手洗いの蛇口に何か面白い装飾が出来ないかと考えられたボルトマンのオブジェ。
水周りに使用される作品は電着塗装をかけて防錆対策を施してあります。


ボルトマンのWCマーク

ショップさんのトイレの男女別マーク用に作ったオリジナルボルトマン。
こういう発想は遊び心のある経営者さんならではです。
ボルトマンの背中に取り付け金具をつけ、黒と赤のメタリックで塗装しました。

7周年記念ボルトマンキーリング

バーの7周年記念に常連さんに配る記念品。
ボルトマンのキーリング。
7の数字をそれぞれに持つ、様々なポーズのボルトマン。
全て顔やポーズを変えて作ることで、選ぶ楽しさを演出します。


薔薇の花のフォトスタンド

とある作家さんのポストカードを飾るために発注いただきました。
鉄で作った薔薇の花を2輪あしらいました。
マグネットでとめる方式ですが、葉のうちの2枚がマグネットになっています。
縦型にも横型にも使用できます。


ウサイン・ボルトのボルトマン

TBSの番組「ゴールデンリーグ」のトピック用に作ったボルトマン。
「ボルトでボルトを作る」という洒落です。
この後、ウサイン・ボルト選手は世界陸上で100mと200mで世界新記録をたたき出し金メダルに輝きました。
ボルトマンも番組からのご要望で金色に塗りましたが、本家ボルト選手の輝きには到底及びません。

龍の一輪刺し

ギフト用に作った一品。
ガラス作家ゆきにご協力いただきました。
特注で作れば世界に一つだけの贈り物ができます。

美容師のハサミを使った造形

美容師さんから使わなくなったハサミを渡されて、
「これで何か作ってくれ」というリクエスト。
高価なハサミらしいのですが、躊躇なく使わせていただきました。
オタマ、レンゲ、ボルトナット類を追加して造形。

ヘリコプターのマグネットオブジェ

ヘリコプターの整備士さんの御注文。
マンションの鉄扉に付けるため裏面はマグネットが沢山接着してあります。

龍と薔薇の時計

奥様が旦那様にプレゼント。
龍と薔薇の組み合わせは人気があります。
置き型と壁掛け両方に対応。

ボルトマンキャンドルスタンド

バーの15周年ノベルティーグッズ。
付属のアロマキャンドルはオーナーさんの手作りです。
コラボでの記念品になりました。
ボルトマンは耐熱塗装してあります。

カエルの時計

カエル好きな方へのギフト用。
スプーンとボルトナットを組み合わせてカエルを表現。
もちろん、時計として機能します。



屑鉄オブジェ
屑鉄ランプ
屑鉄表札オーダーメイド
展示会・ギャラリー出展品
特注品
ボルトマン
御注意(訪問販売法に基づく表示)
マヨネ〜S'
TOPICS
リンク集
トップページへ
御注文・御質問はこちらへ


屑鉄工房
(有)友田工業 通信販売事業部
友田秀一

〒490-1136
愛知県海部郡大治町花常フケ49-1-704
FAX番号 (052) 442-5444


Mail

鉄鋼・ステンレス加工、昇降機器製作
売ってない物は作りましょう! オーダーメイド鉄工所の


有限会社友田工業
こちらが本業です。